アメリカ留学指導の栄陽子留学研究所 [ボストンオフィス]
アメリカの教育と留学
アメリカの大学基礎知識
大学タイプと入学基準
数字で見るアメリカの大学
授業システム
授業の受け方
よい成績を取るために
評価の内容
試験
ペーパーとクイズ
クラス参加
アメリカでの生活

ペーパーとクイズ


ペーパー

図書室で勉強小論文です。アメリカの大学のペーパーには、次のような種類があります。

  • タームぺ−パー(Term Paper)
    学期末に提出するペーパーのこと。学期の初めあるいは半ばくらいにぺ−パーの課題が出され、じっくり時間をかけて作成し、期末に提出します。分量は、レターサイズ(A4に近いサイズ)で10〜30枚くらいです。
  • ショートぺ−パー(Short Paper)
    2〜3枚から多くて5枚くらいの短いペーパー。Essayと呼ぶこともあります。
  • 実験レポート(Lab Report)
    理系の科目の実験レポート。実験の目的・プロセス・結果・観察を記したものです。グラフや表を多用します。

開放的な図書室論理的に書くこと、指示通りの内容で書くこと、オリジナリティを重視すること(外国人であることを生かしましょう!)。

そしてなにより期日を守ることが重要です。アメリカの大学では、期日を遅れたペーパーは、基本的に受け付けてもらえません。

クイズ

パソコンで勉強5〜10問くらいの小テスト。外国語や数学のクラスでは毎回の授業でQuizがあります。とくに抜き打ちのQuizのことをPop Quizといいます。

通常、授業のはじめか終わりに行われます。設問が書かれた紙が配られ、回答もその紙に記入します。白紙が配布され、問題を教授が読みあげることもあります。だいたい5〜10分で終わりますので、遅刻は禁物。EメールでQuizが行われるときは、宿題として扱われます。回答をメールで教授に送るか、授業で答え合わせをします。


前へ<<  >>次へ



栄 陽子留学研究所 ボストン現地法人
   Sakae Institute - U.S.A. One Porter Square Cambridge, MA 02140
TEL:617-234-0095 FAX:617-234-0097  E-mail:boston@sakaeusa.com