アメリカ留学指導の栄陽子留学研究所 [ボストンオフィス]
アメリカの教育と留学
アメリカの大学基礎知識
大学タイプと入学基準
分類してみると
私立大学
州立大学
リベラルアーツ
 カレッジ
コミュニティ・カレッジ
入学基準項目
数字で見るアメリカの大学
授業システム
授業の受け方
よい成績を取るために
アメリカでの生活

入学基準項目


大学内のオフィスアメリカの大学は日本のような一斉テストの入試はなく、願書と書類で審査します。

大学によって要求する書類が異なるため、入学基準もさまざまです。なぜなら、日本の大学のように入試の点数の高い人から入学させるのではなく、なるべくバラエティに富んだ学生構成にしたいと考えているからです。

日本人留学生が出願したときに重視される入学基準項目を、大学のタイプ別に見てみましょう。

 
SAT* II
超難関私立総合大学(P-1)
超エリート リベラルアーツ
・カレッジ(L-1)
難関州立総合大学(S-1)
名門私立総合大学(P-2)
名門リベラルアーツ
・カレッジ(L-2)
名門州立総合大学(S-2)
オーソドックス リベラルアーツ
・カレッジ(L-3)
×
中堅(中・大規模)
私立総合大学(P-3)
×
中規模私立大学(P-4)
×
中堅州立総合大学(S-3)
×
地域型州立大学(S-4)
×
×
×
×
公立2年制大学(C-1)
コミュニティ・カレッジ
×
×
×
×
×
×
雪のキャンパス成績

日本の学校の成績です。アメリカの大学は、レベルが上がるほど、名門になるほど成績を重視します。アメリカの大学に入学したいなら、ぜひ日本での勉強をがんばりましょう。

SAT* I、SAT* II

アメリカの高校生が受ける、大学進学適性試験。
日本でも年6回受験できます。オンラインで受験の申し込みができます。

SAT* I 英語、数学
SAT* II 英語、数学、歴史、科学、外国語

アメリカ人向けの試験なので、英語は外国人にとって簡単ではありません。逆に、日本人から見ると数学が非常に簡単、などの面もあります。

テスト勉強TOEFL®テスト

英語を母国語としない人のための英語力試験

現在はコンピュータ版が一般的です。地域によってはペーパー版も受験できます。2005年9月から、スピーキングテストに変わります。

コンピュータ版 東京(2ヶ所)、横浜、大阪 祝祭日を除く毎日
1日2回実施
ペーパー版 札幌、仙台、岩手、石川、広島、高知
福岡、宮崎、鹿児島、沖縄
年2回

TOEFL®テストを主催するETS(R)のサイトはこちら

ひたすら勉強エッセイ

大学に提出する自己アピール文
もちろん英語で作成します。

日本語でエッセイと言うときは「随筆」を指しますが、ここでのエッセイは、論理的に書くことを通して自分自身をよく知ってもらう「論文」に近いものです。

推薦状

日本の高校からアメリカの大学に進学を希望するときは、1〜3通を高校の先生に書いてもらいます。

学内の郵便局課外活動

スポーツ、芸術、ボランティアなど勉学以外の活動で、どれだけ努力したか、才能があるか、成果を挙げたかなどの点です。

 


*SAT is a registered trademark of the College Board, which was not involved in the production of, and does not endorse, this product.

前へ<<



栄 陽子留学研究所 ボストン現地法人
   Sakae Institute - U.S.A. One Porter Square Cambridge, MA 02140
TEL:617-234-0095 FAX:617-234-0097  E-mail:boston@sakaeusa.com