アメリカ留学指導の栄陽子留学研究所 [ボストンオフィス]
アメリカの教育と留学
アメリカの大学基礎知識
大学タイプと入学基準
分類してみると
私立大学
州立大学
リベラルアーツ
 カレッジ
コミュニティ・カレッジ
入学基準項目
数字で見るアメリカの大学
授業システム
授業の受け方
よい成績を取るために
アメリカでの生活

リベラルアーツ・カレッジ


自然に囲まれたリベラルアーツカレッジ寮生活をさせながら親離れをさせ、分析力・判断力を養わせるという「全人教育」を目的とした大学です。

アッパーミドル以上の家庭からの子弟が多く、ほとんどが学生数1,500人くらいの少人数の大学で、学生の人数を制限することで、質の高い学士課程教育を行っています。このため、アメリカでの社会的評価は高く、教育がきめ細かく行われており、留学生にとっても勉強しやすい環境です。


超エリート リベラルアーツ ・カレッジ(L-1)
入学基準
おもな大学
Amherst C., Swarthmore C., William C., Pomona C., Wesleyan U., Bowdoin C., Carleton C., Wellesley C., Bryn Mawr C., Smith C.

超難関私立総合大学(P-1)と同じような審査基準です。

超難関私立総合大学(P-1)と異なるところは、大学が小規模で少人数教育を提供しているため、それぞれ教育理念に特徴があり、大学が学生に要求するものが比較的はっきりしていることです。例えば、親が卒業生である場合など、すでに教育理念が子ども伝えられているとみなされ、それが有利なコネクションとなり合格しやすくなったりもします。

したがって自分が求めるものと、大学の理念が合う大学選びが必要です。SAT*・TOEFL®スコアは高いものを要求されますが、それでも他に際立つような才能がある場合には、スコアの面では柔軟な扱いをしてくれることもあります。

名門リベラルアーツ・カレッジ(L-2)
入学基準
おもな大学
Oberlin C., Colorado C., Lafayette C., Bucknell U., Franklin and Marshall C., Union C., Scripps C.

超エリート リベラルアーツ ・カレッジ(L-1)とほぼ同じです。

超エリート リベラルアーツ ・カレッジ(L-1)と比べて、多少SAT*・TOEFL®スコアの面で門が広くなっています

オーソドックス リベラルアーツ・カレッジ(L-3)
入学基準
おもな大学
Mary Baldwin C., West Virginia Wesleyan C., Thiel C., Cedar Crest C., Mount Union C., Hollins U., Ursinus C., Juniata C., Roanoke C., Hiram C.

成績、TOEFL®スコア、推薦状、エッセイ、コネクションから総合的に判断します。

学校によっては、成績が平均的であったり、TOEFL®スコアがそれほど高くなくてもエッセイや推薦状などを考慮してくれるところもあります。

また、英語力に関しても大学の授業としてESLのプログラムを持っていたり、英語のチューターリング(個人指導)を提供してくれるところなど、留学生に対して英語のサポートをしてくれる大学は、TOEFL®スコアがそれほど高くなくても、資質や将来の可能性を見込んで入学を許可してくれることもあります。



*SAT is a registered trademark of the College Board, which was not involved in the production of, and does not endorse, this product.

前へ<<  >>次へ



栄 陽子留学研究所 ボストン現地法人
   Sakae Institute - U.S.A. One Porter Square Cambridge, MA 02140
TEL:617-234-0095 FAX:617-234-0097  E-mail:boston@sakaeusa.com