アメリカ留学指導の栄陽子留学研究所 [ボストンオフィス]
アメリカの教育と留学
アメリカの大学基礎知識
大学タイプと入学基準
数字で見るアメリカの大学
授業システム
授業の受け方
カタログを読む
学期前の準備
授業を受ける
よい成績を取るために
アメリカでの生活

アメリカの教育と留学 >>授業の受け方 >>学期前の準備


オリエンテーション

アメリカの大学で、授業が始まるまでの日程は、次のようなものです。

8月19日〜23日 留学生向けのオリエンテーション
8月25日〜28日 すべての新入生を対象としたオリエンテーション
8月27日 科目登録

8月28日

授業開始
  • Berea Collegeの例

オリエンテーションは、新入生のための、大学生活全般についての説明会です。キャンパス内の案内、図書館など各施設の使い方の説明、学生同士の親交を深めるためのイベントや遠足などが行われます。

なお、オリエンテーションでは単位や成績など、学業についての説明はありません。学業については、必ず大学カタログを読んでおきましょう。

アカデミック・アドバイザー

資料を探す履修科目の選択をアドバイスしたり、GPAに気を配り、その学生が落ちこぼれないように指導してくれる担当者が、アカデミックアドバイザーです。

個々の学生に1人ずつ割り当てられ、オリエンテーション期間中に紹介されます。

科目を登録する

科目の登録は、すべての新入生を対象としたオリエンテーションの期間中に行われます。科目を登録するときは、アドバイザーの許可が必要です。科目を選択したら、Registratar's Officeという場所で、科目を登録します

プレイスメント・テスト

探した資料でミーティングプレイスメント・テスト(placement test)は、英語と数学の学力テストです。この結果により、受講する英語と数学のレベルを決めます。テストの時期は、オリエンテーションの翌日くらいです。

プレイスメント・テストは、入学試験ではありません。留学生に限らず、すべての学生が受けます。

シラバスを見る

シラバスは、その科目の講義の概要をまとめたものです。授業の最初に配られます。また、大学のホームページなどで、事前に公開されていることもあります。

アメリカの大学の講義は、シラバスに沿って進められます。シラバスの内容を理解していないと授業についていけません。

シラバスの内容は、おおよそ次のとおりです。

  • 科目の目的と内容
  • 成績のつけ方
  • テストの回数と内容
  • 宿題・課題
  • ペーパー(論文)の内容、長さ、提出期限

前へ<<  >>次へ



栄 陽子留学研究所 ボストン現地法人
   Sakae Institute - U.S.A. One Porter Square Cambridge, MA 02140
TEL:617-234-0095 FAX:617-234-0097  E-mail:boston@sakaeusa.com