アメリカ留学指導の栄陽子留学研究所 [ボストンオフィス]
アメリカの教育と留学
アメリカの大学基礎知識
大学タイプと入学基準
数字で見るアメリカの大学
アメリカの授業システム
学期
単位
科目
成績
授業の受け方
よい成績を取るために
アメリカでの生活

成績


成績は5段階

アメリカの大学では、A、B、C、D、Fの5段階で成績をつけます。これをLetter Gradeと呼びます。

成績の平均値がGPA

A〜Fの成績(Letter Grade)を数値に置き替えたものがGrade Pointです。Grade Pointの合計値を平均したものがGPA(Grade Point Average)です。

成績(Letter Grade)
A
B
C
D
F
数値(Grade Point)
4
3
2
1
0

GPAの計算式は、次のとおりです。

(成績の数値×単位数)÷総単位数=GPA

ある学期のGPAを計算すると、次のようになります。

教科
成績
 
単位数
 

数値×単位数

成績
数値
Freshman English
D
1
×
3
3
Principles of Biology
B
3
×
3
9
Principles of Economic Analysis
B
3
×
3
9
Introduction to Cultual Anthrogy
B
3
×
3
9
Begining German
A
4
×
3
12
 
合計 
15
 
42
GPA 42÷15=2.8
2.0以下のGPAが連続すると退学

アメリカの大学では、2.0以下のGPAを2学期連続して取ると退学になります。アメリカの大学は卒業が難しい、と言われるゆえんです。

留学生は留学生用のビザで入国しています。このため、退学は帰国を意味します。大学を退学になったから、残りの期間は遊んでいよう、ということはできません。


前へ<<



栄 陽子留学研究所 ボストン現地法人
   Sakae Institute - U.S.A. One Porter Square Cambridge, MA 02140
TEL:617-234-0095 FAX:617-234-0097  E-mail:boston@sakaeusa.com