アメリカ留学指導の栄陽子留学研究所 [ボストンオフィス]
アメリカの教育と留学
アメリカの大学基礎知識
大学タイプと入学基準
数字で見るアメリカの大学
アメリカの授業システム
学期
単位
科目
成績
授業の受け方
よい成績を取るために
アメリカでの生活

科目


一般教養科目

一般教養科目は、その大学を卒業するためには、すべての学生が履修しなければならない課目です。1年次、2年次に取ります。

一般教養科目の分野は、次のとおりです。

人文科学(Humanities) 文学、心理学、歴史、哲学、外国語など
自然科学(Natural Sciences) 物理学、数学、科学、コンピュータなど
社会科学(Social Science) 社会学、政治学、経済学など
芸術(Fine Arts) 音楽、美術、演劇など
体育(Physical Education) 体育理論、実技など
専攻科目

専攻科目は、文字通り自分の専攻とする科目です。
4年制大学を卒業するためには、必ず専攻科目が必要です。

アメリカの大学では、専攻科目は3年次から取ります。また、入学時に専攻は決めません。このため、自分が何を専攻するか、大学に入ってから決めることができます。

アメリカには600を超える専攻科目があります。数でも時期でも、非常に自由度が高いのが特徴です。

Major 専攻
Double Major 専攻を2つ持つこと
Minor 副専攻
選択科目

選択科目は、一般教養科目と専攻科目のほかに、その大学で開講されているすべての科目の中から、自由に選んで履修する科目です。

科目の配分

4年制大学での一般的な科目の配分は、次のとおりです。

一般教養科目 40〜60単位
専攻科目 30〜60単位
選択科目 10〜40単位

リベラルアーツ・カレッジなど全人教育に力を入れている大学では、一般教養の科目が充実しています。反対に、芸術の専門大学では、専攻の必修単位がほとんどを占めることもあります。

・リベラルアーツ・カレッジの例

一般教養
専攻科目
選択科目
52〜55
39〜40
33〜37
  • Mars Hill Collegeの例。合計128単位

・総合大学の例

一般教養
専攻科目
選択科目
48〜53
51
16〜21
  • The George Washington Universityの例。合計120単位

・芸術の専門大学の例

一般教養
専攻科目
34
100
  • The Pratt Instituteの例。合計134単位

前へ<<  >>次へ



栄 陽子留学研究所 ボストン現地法人
   Sakae Institute - U.S.A. One Porter Square Cambridge, MA 02140
TEL:617-234-0095 FAX:617-234-0097  E-mail:boston@sakaeusa.com